メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

教育委員会トップページ > 学校教育 > いじめ根絶の取組 > 「清瀬市いじめ問題対策連絡協議会」について

「清瀬市いじめ問題対策連絡協議会」について

「清瀬市いじめ問題対策連絡協議会」について

 

清瀬市では、平成26年8月に「清瀬市いじめ防止基本方針」を定め、ここに「いじめ防止対策推進法」(平成25年法律第71号)が定める「いじめ問題対策連絡協議会」の設置を義務化しました。

これを受け、清瀬市教育委員会では、平成27年度から同協議会を開催しています。同協議会の目的は、いじめ防止等に関係する機関及び団体の連携強化にあります。

 

平成30年度「清瀬市いじめ問題対策連絡協議会」を開催しました

 

1 開催日  平成30年12月25日

2 会 場  清瀬市健康センター

3 出席者  警視庁東村山警察署生活安全課長、清瀬市子ども家庭支援センター長、清瀬市   
      民生委員・児童委員協議会主任児童委員、清瀬市健全育成委員会副委員長(保   
      護者代表)及び担当校長(清瀬市立小・中学校長)、清瀬市教育委員会教育長、
      清瀬市教育委員会事務局(清瀬市教育相談センター教育相談室主任及びスクー
      ルソーシャルワーカーを含む。)

4 内 容  (1)清瀬市立小中学校のいじめに関する実態について

      (2)いじめ問題対策に関する取組の報告について

      (3)いじめ防止のための行動計画第2期実施計画(平成29~31年度)について

      (4)いじめ問題に関する関係機関及び団体との連携について

      (5)意見交換


テーマ「子供たちの豊かな心を育むために大人たちにできることを考える ~SNSをきっかけとしたいじめについて~ 」


〔いただいた主な御意見等〕

・「先ずは大人がSNSの正しい使い方を学ばなければならない。」

・「日常から根拠を明確にしつつ自らの意見をしっかりと述べることができる子供を育てるべきだ。」

・「SNSには発達や聴覚に障害がある人にとっては有効のコミュニケーションツールでありその効用と併せて使い方の指導をすべきだ。」

・「SNSはすでに重要な社会的コミュニケーションインフラになっている。だからこそルールを徹底して教え込む必要がある。」

・「犯罪に巻き込まれない、トラブルを深刻化させないためには相談できる環境が不可欠だろう。」

・「『小さなことだ、くよくよするな』『そんなに深刻に考える必要はない』『もう少し様子を見よう』 
 『道徳を通していじめはよくないことを学ばせる』等、大人側だけの視点で語るのではなく、子  
 供が抱えている思いをいかに大人が共感し、共有することができるかが大事ではないか。」

その他のお問合せ先

指導課 指導主事
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2552
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-3940

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。