メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

教育委員会トップページ > 教育長室 > 教育長あいさつ > 教育長あいさつ平成30年7月号

教育長あいさつ平成30年7月号

 

教育長あいさつ

                     

 

本は心の栄養源

 

 梅雨空に ページの重さ 指先に(酔花幻) 

 

 まず初めに、今回の記録的豪雨で大きな被害を受けられた地域の皆様、心からお見舞い申し上げます。「地球が悲鳴を上げている」…。このような大災害に襲われるたびにそう思わざるを得ません。ここ数年の異常気象は地球温暖化に一つの原因がある、との見解がありますが、私たちの小さな取り組みが課題解決の一助になることは間違いありません。

 アフリカにこんなことわざがあります。「もしも世界中の小さな村で、小さな子供たちが、小さな行動を起こせば、世界は変わるだろう」。電気をこまめに消す、エアコンの設定温度を適正化する、マイバッグを持参する、ゴミを正しく分別する…、こんな「小さな行動」こそ、「未来からの借り物」である地球を守る我々の責任なのではないでしょうか。

 さて、そのような中ですが関東地方の梅雨が明けました。梅雨時は家の中で読書に精を出す時間が増えます。私もこのひと月かけて何冊かの本と向き合いました。読書は想像力を育てます。自分とは違う主人公の立場に立って考えることができます。作者が込めた行間の思いを感じ取れるようになります。

 文部科学省では学力調査を分析して、読書をよくする子供は学力が高いと結論付けていますし、民間の調査では読書と思いやりの気持ちにも相関があると指摘しています。読書は実に様々な力を私たちに授けてくれるのです。

  しかし、今我が国では「本離れ」が急激に進んでいます。以前「大学生の二人に一人はこの一か月間本を全く読まなかった」との報道がありましたが、そこまでひどくはなくとも「本離れ」は小中学生にも指摘できること。

 やや古いデータですが、平成25年度の東京都の調査によると、小学2年生の不読率は2.6%、5年生は5.4%、中学2年生は13.2%。その理由は「読みたい本がない」「読むことに興味がない」が上位になっています。

 本市図書館ではこの問題解決に全力で取り組んできました。その一つが「小学生への読み聞かせ」です。先日も第七小学校の2年生に対して、本市図書館司書が「読み聞かせ」「ブックトーク」「素話」を行い、私も同席してきました。

07HP05

 

 話の内容に時に大きな声で笑い、本からの問いかけに純粋に答え、司書の語り口にグッと引き込まれ、身を乗り出し、目を輝かせ…。本の世界に入り込んで、わが身を浸らせていることがよくわかります。45分間の授業があっという間に終わり、子供たちは口々に「楽しかった」「この本を読んでみよう」「また聞きたい」等と感想を言いながら図書館を後にしていました。

 彼らはきっと「読みたい本」が見つかったはず。「読むこと」に興味を持ったはず。今回の図書館の活動が子供を本の世界に誘う「きっかけ」になったことは間違いありません。

 しかしあくまでも「きっかけ」です。真に本が大好きな子供になるには、この「きっかけ」を生かして、子供たちにたくさんの「良い本」と出合わせてあげることです。無論、学校でも「良い本」と出合わせる努力をします。しかし学校だけではどうしても限界があります。各ご家庭の協力がどうしても必要なのです。

 ぜひ、低学年の子供には寝る時の布団の中で一日一ページずつだけでもよいので「読み聞かせ」を、高学年の子供には休みの日のお出かけ帰りに、ご家族で図書館に訪れ、本と出合わせる…、そんな小さな努力をしていただけないでしょうか。

 また中学生は部活動等で多忙な毎日を送っています。高校受験前になると勉強で読書どころではないかもしれません。そんな時は家の中に読んでほしい本を置いておくだけでも違います。彼らが何かのきっかけでちょっと手に取ったときに「この本、こんなに面白いんだよ…」と魅力を語ってあげられれば最高です。

 ある中学生がこんなことを言いました。「食べ物は身体の栄養。食べないでは体が育たない。読書は心の栄養。読まないでは心が育たない」。子供たちが「たくさんの心の栄養」を得られるように各学校も各ご家庭も、そして教育委員会も共に努力しましょう。

 追伸

 清瀬市では子供たちに是非読んでほしい本を「清瀬の100冊」としてまとめ、図書館で貸し出しを行っています。この中から最もお気に入りの本を一冊選び、夏季休業中に読書感想文にまとめて応募する「清瀬の100冊読書感想文コンテスト」も実施します。

 また図書館では、幼児期の読み聞かせにぴったりの本をまとめた「だっこしてよんで」、ティーンズサービス用のブックリストである「Teens Joy」も刊行しています。

 子供たちを「良い本」に誘うためにもぜひ、図書館においでください。お待ちしています。

 

07HP03 07HP04 07HP02.jpg 07HP01

教育長 坂田 篤



このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。